測量・計測機器の販売レンタル システム開発

計測機能を強化したLaser Scanner Total Station『GTL-1200』

【主な特長】
  • トータルステーション測量とレーザースキャナー計測が1台で可能
  • 点群密度が従来機の2倍
  • BIMによる施工管理にも最適
  • 土木・測量・維持管理にも威力発揮
  • オンボードプログラムMAGNET Field搭載
  • Wi-Fiモジュールの搭載
  • Collage Site(近日発売)による遠隔操作も可能
NETIS 3Dテクノロジーを用いた計測及び誘導システム 登録番号:KT-170034-VE

フィールドアプリケーションとの連携により
現場で計測結果を確認

ワークフロー

1台2役だから測量・計測が速い!
投資コストも作業時間も人員も大幅削減!

トータルステーションとレーザースキャナー1台2役
自動追尾トータルステーションと回転式レーザースキャナーが合体!
投資コストに加え、作業フローが大きく改善されることで、多くのメリットを享受できます。

コスト・作業時間・人員を削減!

GTL-1200が活躍するフィールド

土木分野

土木分野
i-Construction
建設現場の生産性向上を目的として国土交通省が推進している「i-Construction」において、3D点群による「起工測量」「出来高管理」および「出来形管理」のデータ取得手段として、レーザースキャナー、UAVが活用されています。
3D点群データの活用により、従来法に比べ土工、舗装工、法面工、付帯構造物設置工などでの作業時間の大幅な短縮、検査書類の削減が実現されます。

建築・設備分野

建築・設備分野

BIM (Building Information Modeling)
建築において土地の形状や改築・改装時の外装・内装の現況調査に活用されます。
リアルな3D点群データをベースに設計を行うことができ、また竣工時にスキャン計測をしておけば、後のメンテナンスや改装時の効率化に役立ちます。

主な機能

回転式、高速・高精度スキャン

回転式、高速・高精度スキャン

約1分で全周スキャン。3D点群データをスピーディーに取得できます。
GTL-1200では従来機の2倍の点群密度でスキャンできます。

 

Wi-Fiモジュール搭載

Wi-Fiモジュール搭載

約1分で全周スキャン。3D点群データをスピーディーに取得できます。
GTL-1200では従来機の2倍の点群密度でスキャンできます。

 

多彩な測距ターゲットに対応

多彩な測定ターゲットに対応

高精度な点の測定には、360°プリズムだけでなく反射シートターゲットにも対応。もちろん、ノンプリズム測定も可能です。

 

データはSDカードに保存

データの保存は汎用性の高いSDカード。
トータルステーションで計測した点データと、スキャナーで取得した3D点群データを同一ファイルとして保存します。

レーザーポインター

ボタンひとつで、視準方向へ極めて小さなスポット径のレーザーポインターを射出。
作業者は、GTL-1200側の観測者の誘導なしに正確な位置の把握が可能です。

フルドームスキャン

フルドームスキャン

本格的なフルドームスキャンができる回転式レーザースキャナーを搭載。
室内はもちろん、屋外構造物でもあらゆる方向から3D点群として形状を素早く取得できます。

 

遠隔操作でスキャニング

遠隔操作でスキャニング

データコレクタにより、離れた場所にあるGTL-1200をコントロール。
高所や狭所、危険な場所のスキャン計測を、安全な場所から行えます。

 

ワンマン測量

ワンマン測量

自動追尾トータルステーションとしてワンマン測量に対応。
効率よく変化点などを測定できます。
また、スキャン計測で取得できなかった草むらなど陰になった部分を、トータルステーションによる測定で補完できます。

対回観測

対回観測

作業規程の準則に則った測量業務にも対応。*
対回も自動で行えます。
*国土地理院 2級Aトータルステーション (申請中)

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top